思い出のマーニーをふりかえる13

今回は小ネタです。


テレビ初放送から、結構多くの人がこのブログに来てくれているのですが、Yahooの検索ワードを見ると、以下のキーワードが多いようです。


うーん、みなさん太っちょブタが好きですね。


そして、次に人気があるのが「十一(トイチ)」です。
f:id:shinya1996:20151011143529p:plain
このブログのアクセス数を稼ぐのに貢献しているトイチ



原作での彼の名前には哀しい由来があることは、以前に紹介しました。


彼は11番目の子供であり、彼の母親が言った言葉「One too many(1人余分)」が原作での彼の名前「Wuntermenny(ワンタメニー)」になったのです。映画では「十一(トイチ)」と、そのまんまの意味の名前に変わっていますね。


しかし、この「Wuntermenny」という名前。実は日本に昔からある名前だって知っていました?


実は、中学校の歴史の教科書に出てきたであろう
那須与一(なすのよいち)」こそがWuntermennyだったのです!!!*1


https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/64/NasunoYoichi.jpg/280px-NasunoYoichi.jpg
那須与一の正体はトイチだった!?


彼を知らない人のために一応説明しておくと、彼は源平の戦いの一つ「屋島の戦い」で、船の上にいる平氏が竿に立てた扇の的を、弓で見事に射落としたことで有名な源氏方の武士です。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1d/Yasima.jpg
トイチという名前はボートとの縁が深いらしい


Wikiにはこのように書かれています。

与一は十あまる一、つまり十一男を示す通称である。なお、与一を称した同時代人としては佐奈田義忠、浅利義遠がいる。彼らと那須与一を合わせて「源氏の三与一」と呼ばれる。


彼の名前の「与一」とは「ひとつ余計」という意味。


すなわち那須与一Wuntermennyだったのです!!


ΩΩΩ < な、なんだってー!?


・・・まあ、それだけの話なんですけどね(笑)


来週学校が始まったら、友達に「ねぇねぇ、那須与一って、思い出のマーニートイチと同じ名前だって知ってる?」と聞いてみてください。


きっとカッコいいと思います。*2


ちなみのこの与一さんは見事に扇を打ち落としました。この時ばかりは源氏も平氏も敵味方一緒になって大喜びします。


中には船の上で踊りだす侍までいたほどです。


しかし与一さんは、つぎの瞬間にその侍を射殺してしまうのです!!


うーん、トイチさん、容赦ないですネ。


つづく


*1:それは本当かキバヤシー!?

*2:んなわけない